青竹手打ち佐野らーめん 晴れる屋

中国料理歴27年の店主が手掛ける王道&アレンジ佐野ラーメン

佐野移住プロジェクト<佐野らーめん予備校>を経て、2021年4月3日に佐野厄除け大師近くの大和町にオープンした「青竹手打ち佐野らーめん 晴れる屋」。
店主の小林さんは、横浜中華街で13年、那須のホテルでは中国料理長を務めた4年間を含む14年、合計27年間の経験をもつ中国料理のプロフェショナル。

佐野らーめん予備校で身に付けた青竹手打ちの麺は、太めでコシが強く、コクがあるスープとは相性抜群。厚めに切られたトロトロの柔らかいチャーシューも絶品だ。

中国料理の経験を活かした四川麻婆麺や麻辣坦々麺も、青竹手打ちの麺がよく絡んで美味しいと評判。佐野ラーメンでは珍しいこのメニューを目当てに来るお客さまも多いとか。
テーブルには、自家製のハレルヤラー油や鎮江香酢、ミル挽き胡椒などが並び、餃子のつけダレや麺類・丼ものに加えて味変を楽しむことができる。

王道の佐野ラーメン、青竹手打ちの麺を使った本格中華のラーメン、あなたはどちらがお気に入り?

青竹手打ち佐野らーめん 晴れる屋の店舗情報