青ねぎラーメン 太七

青ねぎラーメン 太七

青ねぎラーメン
発祥の店として
愛される太七の味

旧佐野市街地の例幣使街道沿い、青ねぎをふんだんに使用したラーメンの看板が落ち着いた色合いの外観に映える『青ねぎラーメン太七』。入口の暖簾をくぐると、著名人によるサインが所狭しと飾られており、人気店の信頼と実績を物語る。

店主の西谷政美さんは製麺業の出身ということもあり、麺へのこだわりは人一倍あるという。讃岐うどんにヒントを得て完成させた麺は、コシの強さとモチモチとした弾力のある歯触りが特徴で、食べ終わるまでのびにくく、もっちりとした食感が最後まで続くよう、試行錯誤を重ねた。

40歳のときに脱サラを決意し、開業に至ったという西谷さんは、佐野らーめんの店をはじめるにあたって、ここでしか味わえないメニューを作りたいと考えていた。「ある時、信号機をみていたら、急にイメージが浮かんできて、ラーメンに青ねぎをのせて、青信号のようにしてみてはどうだろうと思い立ったんです。それが青ねぎラーメンのはじまりでした」と語る。以来、創業から26年間、青ねぎラーメン発祥の店として人々に愛され続けてきた。

肝ともいえる青ねぎは、契約農家で作られた無農薬のものを使用しているので、えぐみがなくシャキシャキとした歯ごたえが楽しめる。器を覆いつくすほど青ねぎがのった、太七の名物、青ねぎラーメン。鶏ガラ・豚ガラ・野菜・煮干・アジからとった出汁と、オリジナルの醤油ダレをあわせた透き通ったスープに、モチモチ麺とシャキシャキ青ねぎが絡み合い、絶妙な三重奏を奏でる。

また、サイドメニューも豊富に取り揃えており、定番の餃子はもちろん、もつ焼きなども人気が高く、一度食べたら病みつきになること請け合い。

さまざまなものからヒントを得て、試行錯誤を繰り返し、こだわりぬいて生まれた太七の名物メニュー。店主の発想の柔らかさとラーメン作りにかける思いが詰まった、ここでしか味わえない味をぜひ一度ご賞味あれ。

RAMEN DATA/青ねぎラーメン

【スープ】
鶏ガラ・豚ガラ・野菜・煮干・アジからとった出汁にオリジナルの醤油ダレをあわせた透き通ったスープ。

【青ねぎ】
無農薬の青ねぎを使用し、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめる。

【麺】
コシが強く、モチモチとした弾力のある歯触りが特徴。

青ねぎラーメン 太七

  • 佐野市堀米町42-3
  • 0283-21-8448
  • ​​​​11:00〜L.O.14:30、17:00〜L.O.20:00
  • 木曜