麺や 大山

最高の一品を提供するために尽力する、店主の心意気を感じるメニューの数々

令和元年創業、今年で3年目とまだ若いが日々大盛況の佐野ラーメン店「麺や大山」。
元々料理が好きで、中華屋さんで働いていたときに、お客様に喜んでいただいたことが忘れられず、ラーメンの道を目指すようになったという店主の大山さん。
最初は料理人として修業を始めたが、「最後には、昔から食べ親しんだ佐野ラーメンのお店をやりたい」という思いを胸に、食べ歩いた中で一番好きだった佐野らーめんのお店に弟子入りを果たす。その後修業を重ね、3年前、満を持して佐野に自身のお店をオープン。

鶏ガラと豚、アクセントに牛すじを使用した、透明度の高いスープは、あっさりとしていながらも甘みとコクがあり、最後の一滴まで飲み干してしまうほど旨味が凝縮されている。
お店で作る青竹手打ち麺は2種類の粉を使い、圧をかけすぎないように打つことで、固くなりすぎず、程よくコシのある中太麺を実現。
また、茹でる前にも揉み込むひと手間を加えることで、より一層麺にスープがからみ、深い味わいのある麺に。

麺だけでなく、トロトロかつフワフワのチャーシューや、出汁を染み込ませたメンマなど、一杯のラーメンで素材一つ一つが最高のポテンシャルをもって提供できるよう、味のトータルバランスを考え、珠玉の一杯に仕上げている。

もちろん、お店自慢の特大餃子にもこだわりがたくさん詰まっている。餡に使うひき肉は、くさみがなくジューシーな仕上がりになるように、その日の朝挽いた新鮮なものを使用。キャベツやニラも新鮮な野菜を使い、食感も楽しめるように少し粗めに切っているそう。
もちもちの皮にシャキシャキかつジューシーな餃子は、お腹がいっぱいでもついつい食べたくなってしまうほど食欲をそそる。

すべての食材にこだわりを持ち、最高の一品を提供できるよう全力を尽くす店主の心意気を感じるメニューの数々をどうぞご賞味あれ。

麺や 大山の店舗情報