ワインコラム

難しいと思われがちなワインの世界を、初心者の方にも身近に感じてもらえるよう、分かりやすくご紹介していく連載コラムです。

記事一覧 >

Vol.5 失敗しないワイン選び

今回は足利市で人気のワインショップ和泉屋の代表で、通称『ワインの妖精』こと泉 賢一さんに初心者のためのワイン選びのポイントを教えていただいた。

「とにかくワインの敷居を下げたい」と語る泉さん。
赤・白・ロゼ・スパークリング、葡萄の品種に生産国など、ワインには膨大な種類があり、価格も500円程度から数万円、もっと高いものまである。何を選んだらよいか分からないと敬遠している方も多いのではないだろうか?

そこで泉さんが教えてくれたポイントは『食べる料理に合わせる』ということ。
例えば、から揚げを食べるときにはレモンを絞ると美味しいように、レモンのような酸味のある白ワインか、正油のような樽のニュアンスを感じる赤ワインが合う。
ワインショップを訪れる際にはぜひ「〇〇を食べるときに合うワインありますか?」と相談して欲しい。その方がお店側もおススメもしやすいとのこと。

ワインと料理の『マリアージュ』という言葉を聞いたことがある人も多いだろう。
マリアージュとはフランス語で結婚のこと。ワインはもちろんそれだけで飲んでも美味しいが、相性の良い料理と共に楽しむことで、お互いの魅力を引き立て合い、より一層美味しく感じられるというもの。

一般的に、赤ワインとチーズや魚料理と白ワインは相性がいいと言われているが、チーズや魚の種類によっては味が喧嘩してしまい、お互いの良さを台無しにしてしまうこともあるとか…。マリアージュはそんな簡単にはいかないですね!

ワイン初心者こそ専門店を訪れ、経験豊富なスタッフに予算や食べるものに合うワインを紹介してもらうのが間違いない方法。

ワインショップ和泉屋では、1,000円台のリーズナブルなワインも多数用意しているので、今日の料理に合うワインを気軽に相談してみよう!

プロフィール

WINE SHOP IZUMIYA 代表泉 賢一(通称 ワインの妖精)