住まいと暮らし

「住まい」のプロの視点から、住まいと暮らしについて、皆様にとってためになる情報をお届けします。

Vol.1 建築会社の選び方

安心・信頼できる工務店の見極め

家を建てれば、建築会社との生涯のお付き合いになります。
まるで生涯のパートナーを決める決断にも似ています。
それだけに迷い、設計や資金以上に頭を悩ませることだと思います。

今では、さまざまな情報をインターネットから得ることが簡単になりました。
建築会社のホームページには、会社の経営姿勢も記されています。
大切なのは、建築会社のイメージ情報よりも、どれだけ関わる人や実績の情報が盛り込まれているかです。
それも遠い地域の情報ではなく、自分の住んでいる地域での活動状況がわかれば、自分の家をお願いしても心配が要らないと思えるはずです。

日本で注文住宅を建てているのは、実は7割以上が地域の建設会社です。
地域に根差して活動をしていることが、建築を依頼するという信頼にもつながっていることがわかります。

地域に根差した会社

住宅を建てて維持管理することは、比較的専門性の高いことです。
そうなると、建築会社は地域社会になくてはならない存在と言えます。
地域に根差して活動する以上、悪い評判は会社の存続に関わります。
少なくとも限られた地域の中で、会社活動を続けられているからには、相応の信頼を獲得しているはずです。
自分と同じ地域に住み、評判を大切にしていることに勝る安心感はありません。

信頼を見抜くには

では、その建築会社が地域で信頼を得ているかどうか、どのように確認したら良いのでしょうか?
ご自分のマイホーム計画と同じ時期に行われている工事を見れば、自分のマイホームがどのように進められていくのかが分かります。そのためにも、現在進められている工事現場を見ることは、とても大切なことです。
工事現場を確認する時には、他にもチェックするポイントがあります。
近隣への配慮を行っているか。掃除が行き届き廃棄物が整理されているか。そして何よりも、安全で事故のない工事を進めているかどうかが大切になります。
それが最終的にはお施主様を守ってくれることに繋がります。
こうしたポイントで現場を見てみれば、信頼できる会社かどうかわかるはずです。

どこから探すか?

建築会社選びの始め方は、皆さまどうされていますか?
最も大切なのは、友人・家族・職場の仲間・知人の中の、経験者から聞き出すことだと言われています。さらには地元の銀行・不動産会社からも聞き出すことです。
知っている人のつながりに勝るものはありません。
そのつながりは、建築会社としても同じことです。
自社で活動している地域の中で、仲間をつくり、なんらかの活動をしている会社なら安心です。
その意味では、各種の研究会や組織に参加していると、自社だけの活動だけではなく、さまざまな建築会社との交流を通じて得られる貴重な情報も活かせます。
幅広い情報を提供してくれることもポイントになるでしょう。

住んでいる地域の中で、見たことがある、聞いたことがある建築会社が何社かあると思います。今回挙げたポイントもチェックしながら、安心・信頼できる建築会社を選んでください。

プロフィール

株式会社team-K風間お客様窓口/広報担当荒川 奈保子

初めてお会いするお客さまへ、
team-K風間の住まいと家づくりの魅力を
お伝えしています。

株式会社team-K風間