オオヌマベーカリー

調理パンの種類が豊富!変わらない味が嬉しい
3世代が通う街のパン屋さん

佐野市富岡町にあるオオヌマベーカリーは、JR両毛線の北側に昭和47年創業した後、現在の線路南側に移転。昭和を生きた世代には懐かしさを感じる街のパン屋さんだ。

あんぱん♪ジャムパン♪カレーパン♪クリームパンにツイストドーナツなど、創業当時から変わらない定番とともに、ハムカツ、コロッケ、ハンバーグなど店内調理で種類が豊富な調理パンが揃う。
その中でも、ハムカツとレタスをソフトで切り口がサクッとしているパンで挟んだハムカツサンドはオススメ。ラップに包まれているのは、食べやすいようにと受け継がれてきたお店の優しさなのだ。

これらのパンは幅広い年齢層に食べてもらいたいとソフト系で、フランスパンも硬過ぎないように調整しているそう。子どもたちには、コロネやメロンパン、顔のついたクリームパンダやフルーツの乗ったパンが人気のようだ。
この他、3時のおやつにしたいのがレジ横にひっそりと並べてあるアンドーナツ。粒あんの甘さが絶妙だ!あと、ぶどうぱんのラスクは「カリッ」と「さくっ」と「しっとり」が同居する逸品。疲れた時の糖分補給にこちらもオススメ。

2代目へと受け継がれたパンづくりは、「おじいちゃんやおばあちゃんが若い頃に食べていたパンの味を孫にも食べてもらえるように」「地元を離れた人たちが帰省した時に、思い出の味を楽しんでもらえるように」と、決して変えない部分と、現代の趣向に合わせた進化が共存している。さらには、営業開始は8時なのに、通勤のお客さまのためにと7時過ぎにはお店を開けてしまうという。全てはパンを買いに来てくれる人のために。親から子、子から孫へと3世代を虜にしている理由が分かった気がした。

オオヌマベーカリーの店舗情報

  • 栃木県佐野市富岡町1664
  • 0283-23-3479
  • 8:00~19:00
  • 定休日:日曜・祝日