SANOMEDIA×さの百景 第24回
佐野駅前広場 噴水

今回私が歩くのは、佐野駅南口を出たところにある「佐野駅前広場 噴水」です。さの百景の風景画の中でも、特に人気が高い作品の一つでもあるこの駅前広場の噴水に足を運んでみます。

南口の階段を下りて市役所方面へ歩くとすぐに姿を現すこの噴水は、市民の皆様にとってもお馴染みではないでしょうか。この噴水には、佐野市の鳥に制定されている「おしどり」の像が設置されています。おしどりのつがいは、大変仲が良いことから市民の家庭円満と幸せを表しているそうです。

この場所を歩くといつも思い出すのは、高校時代のこと。もう15年以上前のことです。さの秀郷まつりが行われている夕暮れ時。私はこの噴水に腰掛け、まつりの光景を眺めながら友達と他愛もない話をしているのです。たくさんの人たちでいっぱいな広場に、音を出して流れ出る噴水。屋台からの香ばしい香り。その時の様子が大人になった今でもずっと頭に残っています。自分の中の思い出に、この噴水が存在していたことをこの場所に来るたびに思い出すのです。

今年は残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、まつりも中止となってしまいました。日常のライフスタイルが急激に変わり、家の中で過ごす時間が増えていることと思います。

そんな時こそ、今から出かけたい佐野のスポットを考えてみませんか?皆様の中にある、思い出の地を振り返ってみませんか?頭の中で当時の記憶を辿って、気持ちよく外出できるようになったその日に、その場所を訪ねてみましょう。きっと懐かしさだけでは語れない風景や光景を望めると思います。今回歩いた駅前広場の噴水は、私にそんなことを思わせてくれました。

最後になりますが、コロナウイルスの一日も早い終息と皆様の健康を祈っております。