ニューアンデルセン

地元人に愛され続ける老舗洋菓子店。
二代目に引き継がれた“伝えたい味”

佐野厄除け大師のほど近く、市内で一番歴史のある洋菓子店。昭和テイストのレトロな店構えがなんとも懐かしい。

創業以来、地元の人々に愛され続けてきた生ケーキは、毎朝焼きたて、ふわふわのスポンジケーキと、きめ細かく滑らかな生クリームが決め手だ。

イチゴやブルーベリーなどフルーツの産地・品質にもとことんこだわり、例えばイチゴは、県内産有機栽培のとちおとめを積極的に使用。同店の二代目・志村浩之さんは「有機栽培のとちおとめは風味豊かでほどよい酸味が特徴です。角の取れた素直な味わいは手づくりの生ケーキと好相性です」と話す。

そんな同店創業以来のベストセラーは、ホロホロの口どけがたまらないサブレである。その味に惚れて三世代にわたって訪れる常連客も多いという。

基本レシピは創業当時と変わらないが、原材料の品質や人々の嗜好が時代とともに変化するため、常に味のブラッシュアップが欠かせないそうだ。親子二代続く老舗の味を提供し続けるための、知られざる苦労があることも付け加えておきたい。

味自慢のサブレは進物やお供え物としてのニーズが高く、年間を通して地方発送も多いとか。40年もの長きにわたり支持された銘菓は人から人へ伝播され、いつしか地域を物語る佐野名物の一つになった。

これまでも、これからも、変わらぬ味を提供し続ける老舗洋菓子店の挑戦は続く。

▲贈る側の満足度も高い老舗の味

▲食感と甘さのバランスが絶妙。ロングセラーの人気商品!

▲生イチゴショート/324円(税込)
スタンダードだからこそ、いちごや生クリームにこだわった、当店自慢の一品です。

ニューアンデルセン

  • 栃木県佐野市天明町2579-2
  • 0283-23-8388
  • 10:00~19:30
  • 水曜日、第4木曜日(変動あり)
  • 2台
  • http://newandersen.net/