ZERO-CUBE Case.01/亀工房

1000万円から始まる自分だけのスタイル

2010年にグッドデザイン賞を受賞。1000万円をベースにあとは自分たちのスタイルに応じてプラスしていく分かり易い価格設定や、モダンでシンプルな機能美が若い世代から注目を集めているZERO-CUBE。両毛地域でこの住宅シリーズを扱っているのが亀工房。

「デザイン性の高さや独特の価格設定はもちろんですが、どんな敷地にもなじむ、という特性もあります。今回、オープンハウスとしてご協力いただいた桐ヶ谷さんの施工例ですと、車に特徴があってそれに見合った駐車スペースの確保がまず一番にあったのですが、すんなりとクリアしました」(亀工房・代表取締役亀山賢造さん)

桐ヶ谷さんご夫婦にはこの春小学校に上がったお嬢さんがいる。

「娘が小学校に上がる前に住み始めたかったのですが、昨年の5月から打ち合わせを始めて、今年2月の引渡しにバッチリ間に合いました。ライフプランやライフスタイルをしっかり組み込んだ家作りができたと満足しています」(桐ヶ谷さん)

もともとはオリジナリティ溢れるリフォーム、そしてその実績と経験の元に打ち出された新築住宅「彩りハウス」に定評のある亀工房。長年、リフォームという暮らしの細部、よりよい住まいへの要求を見て感じてきたからこその家作りには、住む人に寄り添う優しさがある。

亀工房株式会社