栃木シティフットボールクラブ 活動レポート

栃木県南地域で活動しているサッカーチーム「栃木シティフットボールクラブ」
この連載では、試合結果や練習風景、オフの活動など幅広く紹介しています。

Vol.14 地域とのふれあい企画《第一弾》みはらしや食堂でボリュームランチ

大きな看板が目印のみはらしや食堂。昭和の古き良き時代を切り取ったかのような、どこか懐かしさが漂う、居心地のいい店内。普段からよく食べに来るという栃木シティフットボールクラブの内田錬平選手と吉田篤志選手の2人が笑顔で訪れた。
店の中で一番好きなメニューは焼肉定食だという2人。今回は別のメニューも楽しみたいと、内田選手は肉野菜炒め定食を注文。吉田選手は好物の焼肉定食にラーメンを追加して、ボリューム満点のメニューをオーダー。

2人の豪快な食べっぷりをうれしそうに見つめる、みはらしや食堂の奥さん。「錬平ちゃん、ごはん足りる?」「篤志くん、おいしい?」と、2人をやさしく気遣う姿が印象的だった。選手の2人は、奥さんに「僕らを下の名前で呼んでくれるので、とてもうれしいですし、いつもやさしく迎えてくれるので、本当のおかあさんのように思っています」と微笑んだ。

「選手の子たちはみんな孫みたいでかわいくてたまらないです」とうれしそうに目を細める奥さん。「たくさん食べてがんばってね!!」と2人に声をかけ、終始顔をほころばせていた。そんなやさしい人柄を慕って、みはらしや食堂にはたくさんの常連客が訪れる。

選手たちはボリューム満点のメニューを満足気に完食し、「みはらしや食堂の一番の魅力は、おいしいごはんとおかあさんの笑顔です」と語ってくれた。

※撮影用にマスクを外していただきました。普段はマスク着用で調理・接客をしています。

栃木シティフットボールクラブ

公式HP:https://tochigi-city.com/

栃木市をホームタウンとして栃木県南地域で活動しているサッカーチーム。
Jリーグ百年構想クラブにも認定されており、栃木県で2チーム目となるJリーグチーム誕生を目指して活動をしている。

2019年4月栃木市岩舟町にクラブ専用の練習場 LUXPERIOR FOOTBALL PARK が完成、2020年5月には同敷地内にクラブハウスも完成した。栃木県初となるサッカー専用スタジアムが今年完成予定で建設中。完成すれば、ピッチからスタンドまでの距離が5mと日本で一番近いスタジアムとなる。