栃木シティフットボールクラブ 活動レポート

栃木県南地域で活動しているサッカーチーム「栃木シティフットボールクラブ」
この連載では、試合結果や練習風景、オフの活動など幅広く紹介しています。

Vol.13 関東サッカーリーグ1部優勝!!!

栃木シティフットボールクラブは、10月4日(日)にホームグラウンドである「LUXPERIOR FOOTBALL PARK」にて「第54回関東サッカーリーグ1部後期9節」を行った。リーグ最終戦の相手は日立ビルシステムサッカー部。最終戦は全試合14:00キックオフの同時刻開催で行われた。

最後は勝利して優勝を決めたい栃木シティは、今節オフィシャルパートナーであります「深井製作所」様によるスペシャルマッチにて開催。試合が動いたのは前半21分、⑬岡庭選手のクロスボールに⑱田中選手が頭で合わせて先制。

後半には開始1分、左コーナーキックから㉚ユン選手のヘディングシュートで追加点を奪った。後半13分には相手のハンドでPKを獲得し、㉓吉田選手が左足で落ち着いて決めた。吉田選手は今季6点目となり、3人タイながらリーグ得点王となった。その後も⑨山村選手が⑥髙地選手からの浮き球をヘディングでシュートを決め4-0の完勝でリーグ戦を終えた。2季ぶりの関東サッカーリーグ1部優勝を決め、JFL昇格への第一関門を突破した。

栃木シティは11月6日から栃木県下野市の大松山運動公園陸上競技場(ほか兵庫県、佐賀県)で開催される全国地域チャンピオンズリーグ1次ラウンドに出場する。この1次ラウンドでは、出場12チームを4チームずつ3グループ分けリーグ戦を行い、各グループ1位の3チームと各グループ2位の中で、成績最上位チーム1チームの計4チームが11月19日から開催される決勝ラウンドに進出する。

1次ラウンドでは3日間で3試合、決勝ラウンドでは5日間で3試合と過密日程での開催だが、JFL昇格の為に約1ヵ月間しっかり調整して、全身全霊で挑んでいく。
引き続き皆様の熱いご声援を選手達に送ってほしい!!

試合後インタビュー・地域CLに向けて

〈中村敦監督〉
もっと点を取れるかなと思いましたが、失点0で抑えて勝利そして優勝をつかめることができて良かったです。今はしっかり喜んで、体を休めた後は気持ちを切り替えて次に進みたいと思います。あと1ヵ月攻守ともにブラッシュアップしてより良いチームにしていきます。次は全国の強豪が集まる厳しい戦いですが、しっかり結果を残せるように良い準備をしていきますので、引き続き応援の程よろしくお願いします!

〈キャプテン/大島嵩弘選手〉
正直、優勝に優位な状況でしたが、勝って優勝をしようと試合前に声をかけていました。今節の試合をしっかり勝って地域チャンピオンズリーグへの切符を掴めることができたので良かったです。まだ通過点でここから本当の戦いになると思っています。地域チャンピオンズリーグは過密日程になるので、間違いなくチーム全員の力が必要になります。残り1ヵ月チーム全員で力を合わせてもっとレベルアップして試合に挑みます。熱い応援をよろしくお願いします!!

栃木シティフットボールクラブ

公式HP:https://tochigi-city.com/

栃木市をホームタウンとして栃木県南地域で活動しているサッカーチーム。
Jリーグ百年構想クラブにも認定されており、栃木県で2チーム目となるJリーグチーム誕生を目指して活動をしている。

2019年4月栃木市岩舟町にクラブ専用の練習場 LUXPERIOR FOOTBALL PARK が完成、2020年5月には同敷地内にクラブハウスも完成した。栃木県初となるサッカー専用スタジアムが今年完成予定で建設中。完成すれば、ピッチからスタンドまでの距離が5mと日本で一番近いスタジアムとなる。