くらしを彩る亀工房の家づくり

お客様のくらしの彩りを常に想像し、くらしに華を添える家づくりを提案している亀工房。
そんな亀工房の亀山社長が、くらしを彩る手土産を持って施主さまを訪れ、お話を伺うコラムです。

記事一覧 >

Vol.1 こだわりの空間で趣味を楽しむ、ずっといたくなる家

今回は、アメリカンテイストがお好みのご夫妻にお話を聞かせていただきました。いくつもの角を曲がって辿り着いた先に現れたのは、鮮やかなブルーグリーンのラップサイディングの壁に、白い木の柱が映えるアメリカ西海岸を思わせるお宅。奥様のこだわりがつまった外観同様、室内も白と青を基調にしており、インテリアや小物も雰囲気が統一されていました。階段を上がった吹き抜けから差し込む光は、奥様のお気に入りだとか。

亀山社長がぜひ飾ってほしいとお持ちしたのは、足利市にあるエアープランツ専門店「CAFE STEMS」さんで購入した『チランジア・テクトラム』。エアープランツの女王とも呼ばれる、とても人気のある品種です。木と相性が良く、アメリカンなお家をさらに彩ってくれると思い選んできたそう。好きな空間で好きな趣味を自由に楽しむご家族が、ずっといたくなる家。私たちも、その空気を存分に味わってきました。

亀工房さんとの出会いはどんなきっかけだったのですか?

旦那様「前に住んでいた家は、足利にある僕の実家だったんですよ。もう築40年以上過ぎていたので、最初はリフォームを考えていましたね。仕事からの帰り道に、いつも亀工房さんの看板が目に入っていたので声をかけてみようかなと思っていたんです。ちょうどタイミングが合って、見学会にお邪魔したって感じですね。7、8年前から他の会社さんも見て回っていたんですが、亀山社長に『彩りハウスでご希望の家ができます』って提案していただいたので決めました。」

亀山社長「奥さんは可愛い感じの家が好みで、旦那さんはかっこいい感じがお好きという印象でしたね。お話をうかがいながら調整していく中で、上手く混ざっていったという感じですよね。」

旦那様「大体の会社さんって、こちらが違うプランを提案すると、大体一週間から10日ぐらい待たされることが多いみたいなんです。でも亀工房の社長は、その場で自らイラストを書いて提案してくれるから早かったですね。そのフットワークの軽さこそが、社長の強みだと思ってますよ。」

亀山社長「営業さんが一旦持ち帰って決めることが多いですからね。」

旦那様「こっちもバンバン提案して、それがすぐイラストになって出てくるからわかりやすかったです。それに、できないものはできないとハッキリ言ってくれるのはすごく助かりましたよ 。」

亀山社長「お子さんたちのスタディールームはどうですか?」

旦那さん「 スタディールームでも勉強してるんですけど、よくリビングのテーブルの上で勉強してますね。テレビを見ながらできるのがいいのかも知れない。きっと居心地がいいんでしょうね 。」

亀山社長「 床下放射暖房は、入れてみてどうですか ?」

旦那様「お尻や足が熱くなりすぎず、でもなんとなく部屋が暖かいという感覚が嬉しいですね。前の家では、フリースの上からダウンジャケットを着るぐらい寒かったけど、今はけっこう薄着でも暖かいですよ。」

亀山社長「昔の家では出来なかったけど、暖かくなった今の家ではできるようになったことってありますか?そういえば、旦那さんはプラモデルがお好きなんですよね?」

旦那様「そうなんですよ。エアブラシで塗装もします。前の家では、とにかくプラモデルの塗装が出来なかったんですよ。手が寒くてかじかんじゃって、エアブラシとかも出来なかったです。この家は、窓を閉めきってる状態でもエアブラシの空気を外に出してくれる仕組みを作ってもらったのでありがたいです。そのおかげで、風がある日でも好きなときに塗装ができてますよ。」

亀山社長「 趣味を存分に楽しんでいらっしゃるのが素敵ですよね。奥様は何か変わったことはありましたか?」

奥様「今は、好きなものだけに囲まれているお家だから掃除も良くするようになりました。友人たちが来た時に、この家だけ周りと雰囲気が違うねと言ってもらえるのがすごく嬉しいです。」

亀山社長「この家に愛着が湧くとメンテナンスもしたくなりますよね。お掃除がしやすくなったようでよかったです。」

旦那様「あと、お風呂の床まで暖房が入ってますよね?だから、家の中が全部あったかいんですよね。従業員の方も『絶対入れた方がいいですよ』って強くおすすめしてくれて。その結果、入れて本当に良かったと思ってますよ。」

亀山社長「日の光が入ると、室内がさらに暖かくなりますよ。ところで、お休みの日は何をされているんですか?」

奥様「こんなご時世で、もう1年ぐらい外食もしてないし、最近は家にいることが多いですね。」

旦那様「仕事の関係上、どうしてもウイルスには神経質になっちゃいます。」

亀山社長「玄関の壁は漆喰になっているんですけど、漆喰はアレルギーやウイルス対策にも効果的といわれていますよ。ちょっと汚れたら水でも拭けるんですけど、落ちなかったら少しヤスリで擦ってしまえば取れるのでメンテナンスもしやすいです。ヒビが入ったとしても漆喰の粉を練って擦ってあげれば消えちゃいます。今日お持ちしたエアープランツも、玄関の雰囲気にピッタリですね。」

旦那様「 何も無くてさびしいなと思っていたから、ちょうどよかったですよ。」

亀山社長「それはよかった。」

旦那様「玄関以外の壁は、アーチ型の垂れ壁があるから最初は塗り壁を提案してもらったけど、予算の関係でクロスにしてもらいました。クロスに見えないくらい綺麗に貼ってくれて、とても上手で感心しましたよ。 亀工房の職人さんたちは、みんな腕が良いと評判なんですよ。電気屋さんや水道屋さんの間でも、信頼できるから間違いないってみんな言ってます。腕がいいから安心して任せられるって。」

亀山社長「ありがとうございます。職人たちが腕を発揮できるように、現場監督もチームワークを大切にしているんですよ。」

旦那様「工程を写真に撮らせてくれて、今もたまに見返したりしてるんですよ。工程を見られたくないとか、来てほしくないとか言われなかったです。職人さんたち全員が、『来てもいいですよ』という雰囲気を出してくれていたし、『わからないことがあったらどんどん聞いて』と言ってくれたのが、僕としてはすごく良かった。」

旦那様が最後に教えてくれたのは、現場がすごく綺麗だったということ。そこにとにかく安心したそう。仕事が終わると、職人さんたちは毎日10分ぐらいかけて掃除をして帰るという。「社員の教育がいいのですね」と、たくさん褒められて社長はちょっと照れくさそうに笑っていました。

亀工房株式会社

【取材協力】CAFE STEMS