栃木シティフットボールクラブ ホーム開幕戦完勝!

栃木シティフットボールクラブは、7月19日(日)に自身のグラウンド「LUXPERIOR FOOTBALL PARK」にてリモートマッチ(無観客試合)で行われた「第54回関東サッカーリーグ1部後期2節」ジョイフル本田つくばFCとのホーム戦を4-0で完勝した。

試合開始わずか2分、FW⑬藤田選手がコーナーキックからのボールをヘディングで決め、先制点を獲得した。続けて28分、40分と藤田選手が得点し、栃木シティに加入して初のハットトリックを決めた。
後半も栃木シティの攻撃は止まらず、藤田選手と交代したFW㉓吉田選手が33分に左からのクロスボールを左足で決め追加点を挙げた。
相手に1点も許すことなく4-0で大勝し、開幕2連勝となり現在首位をキープしている。

次節もリモートマッチとなり、8月16日(日)16:00キックオフ。小石川運動場にて東京ユナイテッドFCと対戦する。
約1ヵ月の期間が空いてしまうが、気が緩むことなく次節に向けてしっかり調整を行っていく。

試合後インタビュー・次節への意気込み

〈藤田祥史選手〉
立ち上がり早くに1点取れたのがチームの勢いに繋がったし、その後2点3点と前半でハットトリックを決めることができたので、難しい試合でしたが落ち着いて戦うことができて良かったです。
次節は少し間が空いてしまいますが、しっかり修正するところは修正して、日々の練習から全力で頑張っていきたいと思います。

〈吉田篤志選手〉
今節も引き続き点を決めることができ、勝利することができたので率直に嬉しかったです。
自分の目標は変わらず、出場したら必ず点を決めます。次節は間が空いてしまいますが、必ず勝利できるよう頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします!

栃木シティフットボールクラブ

公式HP:https://tochigi-city.com/

栃木市をホームタウンとして栃木県南地域で活動しているサッカーチーム。
Jリーグ百年構想クラブにも認定されており、栃木県で2チーム目となるJリーグチーム誕生を目指して活動をしている。

2019年4月栃木市岩舟町にクラブ専用の練習場 LUXPERIOR FOOTBALL PARK が完成、2020年5月には同敷地内にクラブハウスも完成した。栃木県初となるサッカー専用スタジアムが今年完成予定で建設中。完成すれば、ピッチからスタンドまでの距離が5mと日本で一番近いスタジアムとなる。