栃木シティフットボールクラブ 活動レポート

栃木県南地域で活動しているサッカーチーム「栃木シティフットボールクラブ」
この連載では、試合結果や練習風景、オフの活動など幅広く紹介しています。

記事一覧 >

Vol.50 厳しい試合が続きながらも勝ちへの執念は誰にも負けない!!

関東サッカーリーグ1部は7月17日(土)から「第55回関東サッカーリーグ1部」の後期がスタート。現在暫定1位の栃木シティフットボールクラブは、7月18日(日)にアウェイ神奈川県サッカー協会フットボールセンター(かもめパーク)にてエスぺランサSCと対戦した。なかなか決定的なチャンスをものにできず、危ないシーンもあり後期初戦から苦戦。しかし最後まで諦めない栃木シティは後半アディショナルタイム7分、栃木シティにフリーキックのチャンスが訪れ、フリーキックからの混戦によりゲームキャプテン[4]内田選手がゴールを決め、直後試合終了。1-0で劇的勝利を飾った。

翌週7月24日(土)には「第55回関東サッカーリーグ1部後期2節」が開催され、桐蔭横浜大学FCを迎え入れた。
試合が動いたのは前半17分、栃木シティがPKを獲得し[13]吉田選手が冷静に決め先制した。しかし前半42分に失点を許してしまい、1-1で前半折り返した。
後半は何度かゴール前でチャンスがあったもののゴールできず厳しい時間が続いたが、後半38分、[3]増田選手からのパスに[10]岡庭選手がダイレクトで決め、待望の追加点を奪った。そのまま試合は終了し、2-1で勝利した。

栃木シティフットボールクラブ

公式HP:https://tochigi-city.com/

栃木市をホームタウンとして栃木県南地域で活動しているサッカーチーム。
Jリーグ百年構想クラブにも認定されており、栃木県で2チーム目となるJリーグチーム誕生を目指して活動をしている。

2019年4月栃木市岩舟町にクラブ専用の練習場 LUXPERIOR FOOTBALL PARK が完成、2020年5月には同敷地内にクラブハウスも併設した。
ピッチからスタンドまでの距離が5mと、日本で一番近いスタジアム「CITY FOOTBALL STATION」が2021年3月14日(日)にこけら落としを迎えた。