TRAVEL, さの百景

SANOMEDIA×さの百景 第16回 佐野市立図書館

「今日は何をしようかな」と、ふとした時の私の選択肢の一つは、佐野市立図書館で時間を過ごすことです。

昔と変わらない茶色い建物、図書館独特のにおい、集中することに適した静かな空間がリラックスでき、窓辺の席に座れば暖かい日差しに包まれて読書をすることができます。時間がゆっくりと流れる穏やかな場所です。

土日は駐車場がいっぱいで少し離れた場所に車を停めることもあり、それだけ多くの方が利用されているのだと感じます。

図書館というと、小説や文庫本を個人的にイメージしていましたが、ファッション誌や旅行本といった趣味の本なども、数多く並んでいます。最新号を購入することなく、誰にも気を使わずにゆっくり座って読めるなんて、図書館の特権かもしれませんね。新聞の種類も豊富で、訪れる度に読まれている方を目にします。

幼いころは絵本を借りたり、読み聞かせを聞きに来たりしていました。母に聞くと、図書館に行くことが好きな私は、借りた本を職員さんに渡したいと親にせがんだこともあったと言っていました。大人になってみると、絵本・児童本のコーナーの本棚は低く設置してあり、子どもの身長の高さに合わせているということがわかります。

児童本のコーナーに向かうと、昔読んだ「宝島」という本が目に止まりました。小さい時、まだ読書があまり好きではなかった私が唯一、続きが楽しみで読んでいた本です。時間と共に色あせた表紙を眺めると、あの時のワクワクした気持ちが蘇ってきます。

今では、一人ひとつの物を持つことが当たり前の時代になっているように感じます。図書館の本は借りた人が思いやりを持って、ていねいに扱うことで次の人、また次の人へと旅をします。

知識を育む場としての役割もありますが、物を大切にする気持ち、他の人を思いやる気持ちも同時に育まれているんだなぁと、改めて実感しました。


佐野市立図書館

所在地:栃木県佐野市大蔵町2977
電 話:0283-22-1833
交 通:JR佐野駅・東武佐野駅より徒歩10分


下野国さの百景グッズ販売中

佐野市観光物産会館
佐野商工会議所
イオンスタイル佐野新都市
未来屋書店 イオンモール佐野新都市店
宮脇書店 佐野店

オンラインでのご購入はコチラから▶ https://sanomon.stores.jp


http://sano100kei.com
下野国さの百景