TRAVEL, さの百景

SANOMEDIA×さの百景 第15回 晩秋の金蔵院

vol35_p19_02

はじめまして!さの百景のお手伝いを始めて約1年。とうとう出番がやって参りました、小野と申します。どうぞ宜しくお願い致します。

私の生まれ育った『旧葛生町』はたくさんの自然と太古のロマンに満ち溢れた場所です。

そんな旧葛生町にある『金蔵院』をご存知ですか?最近では、秋の紅葉の華やかさに魅了され、たくさんの方が訪れるスポットとしても注目されています。赤・黄・橙のコントラストが幻想的であり、目の休む暇がありません。

山門前の通路には、赤い頭巾を被った六地蔵が並んでいます。そのお地蔵さんに傘をかける様に紅葉は生い茂ります。

山門をくぐり境内への道の途中に、大きな鐘があります。昔から変わらないその風景を見るたびに幼少期を思い出します。大晦日には煩悩の数の鐘が鳴り、その音は重く、でもどこか軽やかにも聞こえます。私は鐘を何回も鳴らしすぎて、よく母親に叱られていました。(笑)

綺麗な石畳を歩き境内を背にしてみると、階段の下には立派な像が私たちを見守ってくれています。何体あるのでしょうか?是非実際に見に行って数えてみてください。そして、きっとその中にあるあなたのことを見守ってくれている“1体”にめぐりあえるはずです。

そのまま敷地を下ると、広々とした駐車場があります。下は一面砂利です。ふと、幼い日にココで自転車に乗れるように母親と練習をした記憶が蘇りました。暗くなるまで何度も何度も練習をした記憶です。

地元の人には、「あることが当たり前」になっているこの風景も、少し距離をとって見てみると魅力の詰まった場所なのだと再認識することができます。

佐野の市街地から離れ、心も体もリフレッシュしたい時はありませんか?

是非そんなときに一度、この場所を歩いてみてください。きっと誰かに教えたくなる景色がそこにはあるはずです。


金蔵院

所在地:栃木県佐野市仙波町463


下野国さの百景グッズ販売中

佐野市観光物産会館
佐野商工会議所
イオンスタイル佐野新都市
未来屋書店 イオンモール佐野新都市店
宮脇書店 佐野店

オンラインでのご購入はコチラから▶ https://sanomon.stores.jp


http://sano100kei.com
下野国さの百景