TRAVEL, さの百景

SANOMEDIA×さの百景 第11回「佐野市消防署」

 こんにちは、「下野国さの百景」絵描き担当の赤木です。今回は、佐野市消防署の絵を描いてみました。と言うのも・・・

 私は毎朝消防署の前を通って通勤しています。オレンジのレスキュー隊の方々が数名、おもむろに出てこられるシーンを横目で見ながら、そろそろ朝礼が始まるんだろうなぁ・・・と思って通り過ぎていました。いつも目にするのはそこまでだったので、いつか消防署の朝礼風景をさの百景の水彩画にさせて貰いたいと常々思っていました。 

 そして・・・
今年の9月の末頃、突然の撮影依頼を快く承諾していただき、某日雲ひとつない青空の下、撮影させていただきました。

vol31_p15_03 午前8時25分、いつもこの時刻に朝礼(大交替)が始まるんだそうです。佐野市消防署の一日のスタートです。5分前には皆さん整列され、きっかり8時25分になると号令の下、人員点呼・連絡事項確認・車両点検等々テキパキとこなされ、朝礼終了後消防官の方々は速やかに自分の持ち場に就かれました。

 いや~実にスピーディーで、キビキビした朝礼風景を見せていただきました。そして、完成したのが今回の1枚です。

 「どんな小さな火災も見逃さないぞ」と言わんばかりに、佐野市消防庁舎の象徴とも言える恐竜の首長竜が首を伸ばして遠くを見つめているような凛々しいイメージと、「佐野の安全は俺たちに任せろ!」みたいな、消防官のキリッとしたイメージが伝わればいいのですが・・・みなさんいかがでしょうか?

 それから、ご存知でしたか?佐野市消防庁舎は近々に、お隣東側の更地に新築移転されるようです。そうなると、今のあの”首長竜”も見納めですかね・・・

 緊急出動の激しくけたたましいサイレンの音と、鎮火を知らせる穏やかな鐘の音に一喜一憂する一般ピーポーの私ですが、日夜事故・火災・災害から佐野市民の生命と財産を守ると言う、消防に課せられた役割を担うお仕事には本当に頭が下がります。これからも、佐野市民の安全を守り続けてください。それではまた。
vol31_p15_02


http://sano100kei.com
下野国さの百景