LIFESTYLE

体験団 Vol.03 ボルダリング編[Climbing Gym PROB]

身体ひとつで登る快感、楽しみながら全身運動!!

[今回の体験団員] SANOブランドール あいさん
[今回の体験団員]
SANOブランドール あいさん
 今夏結成されたばかりの佐野ご当地アイドル『SANOブランドール』。「バレーボール、がっつりがんばってました!」という、メンバーの中では運動神経担当(!?)のあいさんに、これから始まるアイドルという高みへの登頂イメトレがごとく、ボルダリングと呼ばれる道具なしのフリークライミングでひとまず目の前の壁を登ってもらった。

 そもそもボルダリングとは山や川、海などに転がっている岩(Boulde=ボルダー)を登るスポーツ。ロッククライミングのうち、ロープ(命綱)を着用して高い岩を登るものを“ルートクライミング”、何もつけずに低めの岩やジムの人工壁を登るのを“ボルダリング”と分類する。

 ジムに入るとまずカラフルで不揃いな石ころがくっついた独特の壁に目を奪われる。近寄って石ころを見ると暗号のような番号が!ボルダリングは難易度別にルートがあり、登るべき石に下から1、2、3、4、5…という具合に番号がふってあるのだ。両手でそのルートの一番上の最後の石をつかめばクリアとなり、その都度達成感を味わえるのが楽しい。どんどんコースをクリアしていったあいさんだが、途中からじんわり難易度も上昇。
「うわ~、つかみにくい!左手?右手?どっちでつかんだら???……だめだ、落ちまーーーーす!」
・・・落下してもフカフカのマットがあるので大丈夫。数十分もするとあいさんの額にうっすら汗がにじんできて、これは予想以上に全身運動であることが見てとれた。にも関わらず、落ちても落ちても挑戦するあいさん。いいぞ、佐野アイドル!志高い!楽しみながら遊び感覚で、でもちょっと本気のクライミング体験もできてしまう。女性にも子どもにもおススメのスポットだ。

vol31_p16_10

団員の体験談
「ルートの難易度が上がるにつれて、石が持ちにくくなったりして身体の使い方に注意深くなりますね。ちょっとパズルみたいな…頭を使うとこもゲームみたいで楽しかったです!」

SANOブランドール
佐野市の魅力、良さを全国に発信するため市内在住13歳~21歳のメンバーで結成された8人組のご当地アイドルユニット。この秋にはダイアモンド☆ユカイ作詞作曲のオリジナルデビュー曲もリリースされる。


Climbing Gym PROB(クライミングジム プロブ)

佐野市富岡町1291
0283-25-7601
火-金/15:30-22:30
 土/12:00-21:00
 日・祝/12:00-20:00
定休日:月曜
http://prob.pupu.jp/

vol31_p16_09