GOURMET

地元産の採れたて食材と素敵な田園風景の中ゆっくりとした時間を。[くらしcafe海to大地]

佐野プレミアムアウトレットより車で南へ5分のところに、「MAKADO957(馬門957)」という一画があるのをご存知だろうか?このエリア内には雑貨屋やご当地商品を扱うお店などが立ち並び、今回紹介するカフェレストラン「くらしcafe海to大地」も、ここに昨年10月オープンした。

「晴れた日には富士山もキレイに望めるんですよ」と話す店長の山根さん。山根さんが指差す大きな窓の外には田んぼの地平線が広がり、心地よい風が流れていた。美しいのどかな田園風景を眺めながら楽しむ食事には、前回号で特集した「関塚農場」や壬生町にある「べジファーム」のオーガニック野菜がふんだんに使用され、とても健康的だ。こだわりの採れたて食材とお料理でカラダもココロも潤う。現在、ガレットのそば粉は自家栽培&自社加工。店の裏手に広がる畑でも野菜の有機無農薬栽培を少しずつ進めていく方向で、今後も楽しみが後を絶たない。

天井も高くオシャレな店内でゆっくり過ごしていると、どこか海辺のカフェにいるような気分。


くらしcafe海to大地

佐野市馬門町957
0283-86-8110
営業時間 11:30〜15:00(LO 14:00) 18:00~22:00(LO 21:00)
定休日:月曜日・第3日曜日
facebook.com/umitodaichi

vol32_p13_04