GOURMET

こごまちゃん親子とカナダビーフ親子料理教室!子どもも大人もピース!!

『TVチャンピオン・小学生料理人選手権』では若干10歳で優勝した実績を持つ天才料理少女こごまちゃんが佐野にやってきた!今回はカナダビーフを使った料理教室でおいしさのひみつとレシピを紹介していただきました。

おいしく安全なカナダビーフが「アイザワ」で購入できますよ!

 カナダビーフと聞いて「はて?」と首をかしげてしまった方は多いだろう。様々な輸入産地名が飛び交う現在、カナダはややマイナーな印象?
「生育から加工・流通にいたるまで徹底した安全管理下におかれています。飼料、水、環境まで法的に管理されているのがカナダの特徴ですね。穀物肥育なので赤身が素晴らしく、適度なサシもあるので日本人好みの牛ですよ」(カナダビーフ国際機構・鬼沢さん)

 なるほどその言葉通り、講師を務めたこごまちゃん親子も上質な赤身を絶賛。鉄板で「焼き」のデモを担当したこごまちゃんは
「焼いたときすぐわかったんですが、脂がですぎないんです。脂身と赤身とのバランスがいいですよね」
お母様のごまさんも
「しゃぶしゃぶを作ったときアクがほとんでないんです。ゆがいたお湯をそのままスープにできそうなくらいでした」と、その特徴を力説。

 夏休み中に開催されたこの親子料理教室では、カナダビーフを使った料理を3品調理。会場の昭和電機のショールーム(高萩町)は香ばしいビーフの香りと、ちびっ子たちの食いしん坊パワーが充満した。参加した親御さんたちは「肉質が野菜に合うのか、もりもり季節の野菜を食べられるレシピでした」
と、野菜との相性に注目。試食後の子どもたちのお皿はどれも空っぽで、「家でもぜったい作る!」と目を輝かせてくれた。

カナダビーフステーキ
にらポングリーンソース


材料(4人分)
●カナダビーフ牛肩ロースステーキ用160g 4枚
●塩・胡椒適量
●酒大さじ1~2
●にら1束100g
●市販のポン酢100cc

vol31_p12_09



1.にらポングリーンソースを作る。にらは2cm長さに切ってミキサーに入れ、ポン酢も全て加えて滑らかになるまで攪拌する。
2.添えのもやしは酢少々を入れた熱湯でさっと湯がき、ざるに上げておく。
3.ステーキ用肉は包丁の先で筋切りをして、肉全体もまんべんなく突いておく。両面に塩胡椒する。
4.テフロン加工のフライパンを加熱する前に肉を入れ、入れてから加熱を始める。こんがりと焼き目がついたら裏返し、少し焼いてから酒を振りかけ蓋をして蒸し焼きにする。
5.器に添えのもやしを盛り付け、④を肉汁ごと盛り付けて①のソースをかけて出来上がり。


アイザワ 佐野店

大型店ではなく地域密着型の店舗を優先に卸しているカナダビーフ。広告をうたずによりよい品でお客様に還元するアイザワは佐野で唯一カナダビーフを買える店。カナダの牧場を視察してきた食肉担当・仙石さんは「あの環境のよさを見れば一発でいい肉ができるとわかります」と太鼓判を押す。

佐野市堀米町3626
0283-20-1556
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週水曜

vol31_p12_08