GOURMET, 過去の特集

上品かつまろやかな甘味と香り 地元が誇る名酒・開華の大吟醸酒粕ジェラート[ギャラリー酒蔵楽]

 創業は江戸時代で県内最古となる『第一酒造』。酒蔵で酒を作るのは杜氏だが、それを助けるのは様々な菌の働き。歴史ある酒蔵には酵母菌の数も多く、豊な酒を生み出すといわれる。

 大吟醸『開華』は、この時間が育んだ素晴らしい酒蔵と、名水百選にも選ばれた佐野の良質な仕込水、さらには名人杜氏たち技術集団によって醸された名酒。その酒粕が美味となるは必然といえる。

 酒粕をジェラートに、という実験が行われたのは一昨年。夏期限定の「ひやガーデン」とよばれる完全予約制の利き酒イベントでのことだった。酒粕ジェラートは全国各地に数あれど、やはり大吟醸の、しかも開華の、ということになると味は別格。話題が話題をよび、現在は商品化され1個からも購入可能に。

 佐野の地で静かに時を重ねてきた酒蔵から生まれた酒粕ジェラート。目には見えない酵母菌たちのいい仕事が、豊かで極上の甘味を仕上げてくれた。


ギャラリー酒蔵楽

第一酒造敷地内の米蔵を改築したギャラリー。陶芸、絵画等の展示や「ひやガーデン」などの日本酒イベントも。酒粕ジェラート(¥360)は現在、この物販コーナーのみでの販売。
佐野市田島町488
0283-22-0001
9:00~16:00(入場無料)
定休日 年中無休(冬期・夏期休業あり)事前にお問い合わせください

vol30_p05_10