GOURMET, SANOMEDIA ラーメンファイル, 過去の特集

厳選した素材をそのまま活かした味が、ばくらの味。

 新しい屋号を掲げて新たなる一歩を歩み始めた、佐野青竹手打ち中華そば「ばくら」。これまでよりも、より深くこの街へとその「美味しい一杯」を届け始めている。人の目に付くことを避けるような場所に佇むが、風に揺られる真っ白な暖簾からは誇らしげな雰囲気が漂う。ここは一つ一つが手作りされた美味しい「余韻が残る味」を堪能できるラーメン店。


 豊かな香りを引き連れて運ばれてきた「塩ラーメン」、上に乗った具材はいたってシンプルな装いで中華そばという素朴感も伝えてくれる。素材の良さをそのままに残しながら、その味を活かすことにこだわった薄く優しい色したスープ。太さの異なるもちっと力のある手打ち麺が良く絡み合う。口の中に広がるすっきりと心地良い後味、美味しい数秒間を与えてくれる「ばくらの塩」には、もう少し食べたいという欲張りな感情を引き出してくれる「余韻」が存在するようだ。

 白い器に映える素朴な表情をした「丁寧な一杯」は作り手と食べてくれる人を繋ぐ美味しい味。そして、これまで支えてくれた人々との関係性から生まれた一杯でもある。そこには店主が場所と屋号を変えた理由でもあり、地元の人に食べて欲しいというこだわりと食べに行けない人の為に、美味しいラーメンを食べさせてあげたいという想いが強く存在する。繁盛店で見失いかけた、暖簾を掲げる本当の理由に向き合い、もう一度。新しい屋号と一緒に街の人々へと美味しい味を届け始めた「ばくらの味」。持ち手が飴色になりつつある岡持ちが語る、これからも変わることのない「深化」は、この街を代表する一杯、愛される地元の店をずっと目指していく。


vol28_p09_07

しおらーめん/700円

【 麺 】
スープとのバランス、相性が良い不揃いで力強い手打ち麺。
【 スープ 】
後口の柔らかい澄んだスープは素材の味が芳醇に香る。
【 チャーシュー 】
ホロホロと柔らかい肉汁まで美味しいチャーシュー。
【 メンマ 】
ほどよい食感と味付けがアクセントとなるメンマ。


佐野 青竹手打ち中華そば ばくら

佐野市堀米町1066
080-5677-0089
11:00~14:00、17:30~22:30(日・祝日は11:00~18:30)
定休日:月曜日・第3火曜日
住宅街の中に佇む「ばくら」は素材にこだわりながら、これからも街の人々に「美味しい変化」を提供してくれる店。中華そばに野菜ラーメン、手作り餃子も美味しく楽しめる。


vol28_p09_06