過去の特集

生まれて来た道具たちの声を伝える場所。

石畳の通りを歩くと、歴史の足音を今も響かせる足利市の「マザーツール」。人と人、素材と素材を出会わせ繋ぐ、知恵と工夫で必要なカタチとなって生まれた道具たちが並ぶ店。手に取った道具たちの表情は十人十色。素材の良さをいかして生まれたカタチだからこそ、その表情は豊かな個性を伝えてくれる。

ここマザーツールは店内に並べられた道具たちの生まれや、それぞれの個性を伝える場所だと語る代表の中村さん。「置いてある物がどうやって作られていて、どんな素材が使われているのか。そしてどんな人たちが関わっているのかを伝える。作り手さんから生まれた道具たちを大切に使って欲しいから、ちゃんと伝えることが大切な役目だと思います」温かみある道具たちの個性は手に取った触り心地と道具たちを知る中村さんの言葉からも人々へ伝わっていく。

手のひらにのるような小さな道具たちからも、その質感の良さと温かみを感じることができる。
手のひらにのるような小さな道具たちからも、その質感の良さと温かみを感じることができる。
手に取る人を引きつけるパッケージデザインもこだわりの証。
手に取る人を引きつけるパッケージデザインもこだわりの証。

「色々な作り手さんやデザイナーさん、そして様々な産地の素材や地元の工場などを繋ぐ。それぞれが得意とする仕事から考えて、組み合わせて作り上げていく。はじめから明確なアイディアがあるのではなく、繋いでいくことから始めていきます」と自身の手がけるオリジナル商品についてを語る。同じ製品、同じ素材・種類からの発想だけにかたよらないようにと、面白い工場を探すことを続け、今までお付き合いのなかった工場へも足を運んでいく。デザイナーと作り手である工場をつなぐ、それぞれのことを知り、コミュニケーションの間に入ることで接点となっていくモノ作りのあり方は、マザーツールという店の人と作り手を商品でつなぐ役割と同じことだと感じた。
丸みある優しい印象の道具たちが綺麗に並ぶ店内。温もりとアイディア、そして使う人のことを考えてデザインされているから機能性も確かなものばかり。
丸みある優しい印象の道具たちが綺麗に並ぶ店内。温もりとアイディア、そして使う人のことを考えてデザインされているから機能性も確かなものばかり。
自然の光が差し込むマザーツールの空間を彩るアースカラーの道具たちが訪れた人を癒してくれる。
自然の光が差し込むマザーツールの空間を彩るアースカラーの道具たちが訪れた人を癒してくれる。

作り手の思いと素材たちの個性が重なり、ギュツと凝縮された生活の道具たち。自分の手でその扉を開き足を踏み入れると雑貨を道具と呼ぶことのできる空間。その手で触れた感覚と、聞こえてくるメッセージはきっと新しい扉を開いてくれるにちがいない。

vol25_mothertool015


mother tool

栃木県足利市昌平町2352-1
0284-43-3354
http://www.mothertool.com
info@mothertool.com

マザーツール 店舗外観

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です