過去の特集

そざいのちがい

シンプルだからこだわります。
だから、どの店も同じ味にはならないのです。

vol32_p05_02

01 じゃがいも

使用品種は圧倒的に「男爵」が人気。「きたあかり」を使っているお店もある。産地は様々で、地元佐野産も使用されている。
佐野の名水を使用して茹でているお店も。

[ 豆知識 ]
じゃがいもはビタミンCが豊富で、りんごの3倍とも言われている。でんぷんに守られているために、加熱による減少が少ない。

02 つなぎ

アレルギー対策などで、卵の使用率は少ない。

03 ソース

地元2大ソースであるミツハとマドロスの他、秘伝の調合によるブレンドソースを使用する店舗も。
ぜひ、香りと風味の違いを楽しんでほしい。

[ 豆知識 ]
テイクアウトの際は、ソースを別容器で付けてくれるお店もある。
好みに合わせて選択したい。ソースが染み込んで、しっとりしたいもフライも魅力的。

04 パン粉

食感の違いは、パン粉の違いに現れる。
荒目・中目・細目と様々で、時間の経過とともに変化する食感も魅力の一つ。

05 油

サラダ油・キャノーラ油・白絞油がトップ3。独自のブレンド油を使用している店舗も。
食後の印象を決定付ける重要な素材。

[当社独自アンケートより]