EVENT, レポート

SANOMEDIA EVENT REPORT Vol.3「オイシイを実感。キレイを予感。ワンランク上のスムージー・カフェ。in F.Café」

SANOMEDIA発、オリジナルレシピによるスムージー体験会

佐野に住まう日常に、2時間だけの上質な空間が現れた。

今話題のスムージーの魅力が存分に味わえるコンセプトカフェ「SANOMEDIA SMOOTHIES CAFÉ」。8月31日のまだ残暑厳しい午後のひととき、アンティークな小物に囲まれたその空間には、上質な空気が心地よく流れていた。

vol27_event06料理研究家のヒロコさんは、この媒体にて魅力的なレシピを紹介してくれているお馴染みの方。出産後久々のSANOMEDIA登場とあって、今回のレシピ考案に尽力してくれたよう。「佐野産の素材も取り入れ、佐野らしいオリジナルレシピができあがりました」との自信作。しかも、女性の心と体をサポートするために、「疲労回復」「アンチエイジング」「美肌」「デトックス」「ダイエット」・・・などのテーマを押さえることも忘れていない。
[clear]
ヒロコさんの、材料の効用を明瞭に伝える会話と、手ばやくスムーズに材料を調理していく姿は、さすがの一言。ムダのない滑らかな手さばきに、訪れた人は魅了されていた。

さて、お味のほどは?読者アンケートによると「とても美味しかった」が大半。特に、2歳の子供がゴクゴク飲み干していた姿が印象的だった。飲みやすさもお墨付き!

グリーンとレッドの2種のスムージー(下記のレシピ)の実演・試飲が終わる頃、F.caféさんによる色鮮やかなミニプレートが各テーブルに供された。インテリアのセンスに負けず劣らずの料理の盛り付け。ほんのり温かいキッシュを囲みながら、美味と一緒に会話が更に弾む。

スムージーは「飲むサラダ」ともいわれる。旬の果物や地元の素材を加えて、あなたも“キレイの予感”を味わってみては?
[row][col width=”six”]vol27_event03[/col][col width=”six”]vol27_event04[/col][/row]
[row][col width=”six”]vol27_event07[/col][col width=”six”]美味しそうに飲み干す女の子。「家庭では緑色のスムージーしか作ったことないので、今日はとても勉強になりました」とママ談。子供が産まれて以来、食の安全・安心を心がけているという。スムージーには、わが子の健康を願う愛情もブレンドされているのね。[/col][/row]


疲れを癒す疲労回復スムージー

[row][col width=”six”]材料 1回分
・小松菜 1/2わ(約100g)
・梨 1個
・アボカド 1/4個
・バナナ 1本
・キウイ 1個
・水 1カップ(200cc)[/col]
[col width=”six”]1. 小松菜は水でよく洗い、3~4cm幅に切る。梨はこすり洗いをし、軸とへたを取る。キウイはこすり洗いをし、へたと先端の堅い部分を取り除く。アボカドは皮と種を取る。フルーツを全て一口大の大きさに切る。
2. アボカド、キウイ、梨、バナナ、小松菜の順にブレンダーに入れて水1カップを加え全体がなめらかになるまで攪拌(かくはん)する。
※小松菜をほうれんそうやクレソンに変えても美味しくいただけます。
これからの季節には「梨」を「みかん」にしてもいいですよ![/col][/row]

アンチエイジング・美肌スムージー

[row][col width=”six”]材料 1回分
・大葉 8枚
・トマト 1個
・赤パプリカ 1/4個
・すいか 1/6個
・ラズベリー 60g [/col]
[col width=”six”]1. トマトはへたを取る。すいかは皮を取り、パプリカは種を取り除く。それぞれ一口大の大きさに切る。
2. すいか、トマト、ラズベリー、パプリカ、大葉の順にブレンダーに入れなめらかになるまでよく攪拌(かくはん)する。
※ラズベリーはフレッシュ・冷凍どちらでもOKです。手に入らなければ入れなくてもさっぱりとした仕上がりで楽しめます。または、いちごで代用してもいいでしょう。
これからの季節には「すいか」を「いちご」にしてもいいですよ![/col][/row]