CULTURE

個性がキラリと輝く「自分で考える力」は、「自分の夢を信じる力」へとつながる。-明光義塾 佐野北教室-

この日訪れた「明光義塾佐野北教室」は、個別指導・自立学習により生徒の「自分で考える力」を引き出してくれる学習塾。背の低いパーテーションで区切られた夕方の教室には、個人の空間で真剣に勉強する子供たちと、寄り添う先生の姿があった。

ほんの少し前の「学習塾」の主流といえば、学校と同じように一人の先生が多くの塾生へ解答と解説を「教える」というスタイルがほとんどだったのではないだろうか。けれどもここでは「答えを導く」が独自のスタイルとなっている。

教室長である小澤亮太先生は「先生が個別に教える事で、一人一人の勉強に対して細かい部分まで見ることができます。さらに勉強以外の事、たとえば生活面の相談やアドバイスもする事ができます」生徒と先生の距離が近いことが個別指導の良さであると、こちらの目線をスッととらえながら簡単かつ丁寧に話してくれた。さらに「先生の知識を一方的に伝えることをこの教室では行いません。基本的に答えを教えるというアプローチではなくて、その答えまでの導き方を教えることを大切にしています」と続ける。言葉の意味を辞書を開いて調べることや、図形を描いて自分で問題を簡単にしていくことなど、子供たちが自分で考えて勉強を好きになるための一歩が、その「導き方」に詰まっているのだろう。

日々の勉強を好きにさせてくれる教室。

手元で広げてもらったノートには、生徒が書く欄と先生がアドバイスを書く欄が区切られている「教室では自分で問題を解決していく為に、ノートの使い方も教えています。間違いを消さないで残し、同じ間違いをしないようにと声かけしたり、ノートを問題に対しての攻略本を作るように書いたらどうかなどと、楽しい仕掛けを心がけています」いろいろな創意工夫をしながら、勉強の楽しさを伝える為に生徒と向き合う若い先生たち。先生というよりも友達に近い距離感が、積極的に問題に向かう子供たちの姿勢に表れている。

自分で考えて行動することは、その先に見据える目標や夢へのステップでもある。家庭では自主性を養う事を大切にしながら、子供たちの夢をみんなで応援してあげて欲しい。そして、ただ勉強するのではなくて、夢に向かう為には勉強が必要だということを知って、毎日の勉強を頑張って欲しいと小澤先生はエールをおくる。

子供たちにとってこの教室は、一方的に勉強の「答えを教えてくれる教室」ではなくて、自分の勉強を「好きにさせてくれる教室」である。自分の夢を真剣に応援してくれる先生たちがいるこの教室は、学ぶ子供たちの大きな可能性で満ちている。


vol26_13_07


明光義塾 佐野北教室

栃木県佐野市堀米町356-1
0283-23-7019
受付時間:月曜日~土曜日 PM2:00~AM0:00


vol26_13_06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です